病院の理念
院長のご挨拶
診療のご案内
施設のご案内
地域医療連携室
地図・交通のご案内
遠方よりお越しの患者様へ

サイトマップ
プライバシーポリシー
求人案内
トップページ

プラセンタ療法 にんにく注射 禁煙外来

2012年12月末

禁煙達成者 34人

矢崎胃腸外科 TOP » 院長のごあいさつ

院長のごあいさつ
 
 矢崎病院は昭和54年9月に、矢崎院長(現理事長)が、まだ緑が多く、
のどかな綾瀬市に医院として開設いたしました。 開設当初より消化器外科の医院として、数多くの手術を手がけ、相当な手術が出来る施設として評価されるとともに、一般医家、かかりつけ医として、綾瀬市をはじめ、藤沢市、横浜市泉区、大和市、座間市などの広い地域の医療を担当させていただいて参りました。
 この間、一貫して、地域医療に重点を置き、当院として何が出来るかと、模索し、歩んで参りました。

 具体的には、昭和62年7月に、医院(19床)から病院(44床)への発展は、手術や入院のニーズに応えるために、また、平成10年の介護老健施設メイプルの併設は高齢者の適切な介護のために、更にはアルコール依存症のための断酒会の定例会開催などです。

 さて、最近特に、患者様の医療に対する意識の変化が、医療内容の高度化、医療情報の豊富さに伴い、著しいかと思います。
実際、医療技術は日進月歩で進んでいて、ある特殊な施設で、特殊な技術がどんどん進んでいくことがしばしばあります。
 それが、正しい情報として伝わらず、都合の良い部分のみがクローズアップされ、過大な期待をいだかせることになります。昨今の医療事故の背景には、このような医療を行なう側と、医療を受ける側の意識と、誤解があるものと思います。


 そもそも、今現在行なわれている医療の技術や、薬を含めた治療の技術は、長い時間をかけ、様々な人の努力と試行錯誤のすえに、また、尊い犠牲のうえに、やっと獲得できたものなのです。一朝一夕に出来たものではありません。
 患者も医師もこのような考えに立たなければ、現在の医療不信は永遠に解決しないと思います。しかし、ここにひとつの救いがあります。
 それは、古くて新しいことばで、<医療は、患者と医師の信頼関係の上にのみ成り立つ>であります。
 言うは易く、行なうは難しですが、これを追究して行くことが最良の解決策かと思います。


 しかるに、医師にも癖があります、患者にも癖があります。
 お互いの相性もあります。人間である以上この部分を無視しては相互理解は出来ません。
 しかし、互いに尊敬の心を持って、じっくり臨めば、必ずや信頼関係がうまれ、医療はうまくいくと、私は信じて実践しています。


 矢崎病院のこれからの役割は、1)胃腸科の手術を行なう専門性を持った急性期医療と、2)係りつけ医として一般内科的な治療、専門医療機関への紹介、内視鏡等の検査、3)高齢者への介護の架け橋、などになるかと思います。
 これらの特殊性を活かし、追究し、地域の中核病院として信頼されるように、ますます努力をしてまいりますのでよろしくお願い申し上げます。


矢崎病院 院長
三神 俊史

pagetop